2.5インチHDDケースを変えました

気に入ったらシェアしてくださいね

COMBO nano 秋葉館オリジナル 2.5″ HD FireWire400 & USB2.0 Case [AKB25FU2]
PowerBook G3 (Lombard)を使っていた頃から利用していた2.5インチHDDケース(DivCo製MOMOBAY CX-1)の調子が悪くなっていた。どうも、データをコピーし、つないだままで放置しておくと、ドライブ自体がスリープモードに入ってしまい、OSがそのスリープを起こせなくなっているかんじだ。反応がなくなってしまうので、ひたすらレインボーホイールが回る続ける。う〜む、困ったものだ。
センチュリー Combo nano FireWire 2.5インチハードディスクケースというわけで導入したのが、秋葉館オリジナルのUSB 2.0・FireWire 400のコンボケース『Combo nano』。デザインもPowerMac G5のような、アルミ+パンチングメタルの構造だし、転送チップもMacとの相性が抜群でスピード・安定性に勝る「Oxford Semiconductor」のFW911を搭載。しかも値段が4,980円なのだというのだから、これはもうプライスパフォーマンス抜群だと。写真右の黒手帳も付属品としてついてくるもので、皮(人工皮革ですが)製のがっちりとした作りをしていて、コードを収納できるポケットなどもついていて気が利いていますわ。
 ちなみにUSB 2.0だけのものなら、自作PC系のパーツ屋で1,000円台で売っているものもあるのだけれど、こちらは恐ろしく安っぽい&デザインがひどい(笑)。
Oxford Semiconduuctory製チップ FW911ねじ四本を外すと、ガワがとれて中の基盤とフレームが見えるようになります。その基盤上には、どうどうと真ん中にFireWireチップ「Oxford Semiconductor FW911」の文字が。う〜む、やっぱり4,980円は安いよなあ。HDDの装着はきわめて簡単。基盤のソケットにATAのピンをブッ刺し、ダイキャストを当てた上で裏からねじ止めをすることで、HDDの固定が完了する。んでもって、外側のねじ穴と、中に見えるダイキャストのフレームとをさらにネジドメすることで、完全に固定されるような仕組み。電源を入れると、前面のパンチングメタルから青色LEDが駆動をしていることをお知らせしてくれます。
 今日のような寒い日には、正直触ってるのもつらくなるぐらいに冷たくなります、このケース。それがまたHDDを熱から守るという意味でとても安心。製品の作りも、激安商品とは思えないくらいにしっかりしているので、大満足です。iLife 06をインストールするために、一度OSをサラの状態にしたかったので、iBook内のデータをすべてバックアップしておいたけど、データの書き込みも読み込みも、前のMOMOBAYに比べたら断然速いっす。家に2.5インチのHDDが転がっていたら、これを買って外付けディスクとして活用させるべし!とお勧めできる商品でした!

2.5インチHDDケースを変えました” への1件のフィードバック

  1. 2.5インチのHDケースHDとともに買おうかと思ってましたので
    これ良さそうですね。
    皮のケース付きとなれば鞄に入っていても似合いそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)