PowerMac G5の「息継ぎ」現象について

気に入ったらシェアしてくださいね

ずっとエントリで報告してきましたが、Safariが「引っかかる」感じがする件について、また現象が再発してきました。
これまでに
1. ケーブル交換(カテゴリ5→カテゴリ6)
2. ルータ交換
3. モデムのDNS機能を切ったり
4. ルータの設定をいじったり
5. PowerMac G5の設定をいじったり
6. Spotlightの再構築
7. Safariのリセット
8. OSの再インスコ
など、様々なことをやってきましたが、やるたびにちょこっと改善されては、すぐに現象が再現する。いよいよモデムの故障を疑うようになってきた折り、2ちゃんのプロバイダ板をのぞいてみたら、どうも先月ぐらいからSo-netのDNS関係のトラブルが多いらしいことが判明。Pingを打つと、反応の遅延が多く見られるとのこと。
 どうも原因はこれくさいと思い、So-netが公表しているデフォルトのDNSではなく、ほかのDNSを手動で参照するようにルータの設定を変えてみた。すると、ものすごく反応がよくなった。
 また再発するかもしれないけど、とりあえずこれで様子を見てみようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)