Mac OS X 10.4.7リリース

気に入ったらシェアしてくださいね

Mac OS X 10.4.7リリース久しぶりにMac関係のエントリです。
来るぞ来るぞと噂されていた「Mac OS X 10.4.7」ですが、28日になってようやくリリースになりました。うちの環境(PowerMac G5 Dual 2GHz/iBook G4 800MHz)では、両方とも36.8MBの容量でした(Intel Macでは100MBを超えるものもあるらしい)。
Macin’ Blogさんが主な変更点をあげてくれていますが、個人的に気になっていたのは
●Bluetooth ファイル転送、Bluetooth マウスの登録と接続、携帯電話との同期
による改善で、Bluetoothの対応プロファイルへの追加と、自分で換装したPioneer製ドライブ「DVR-111D」が純正でサポートされるようになったかの2点。
 結論から言って、両方ともあぼ〜んでした。Bluetoothにはプロファイルというものがあって、これの対応次第で機器とやりとりできる情報が決まってくるらしい。僕の携帯電話、東芝製端末「W31T」にはBluetoothがついているので、携帯電話にある写真をBluetoothでやりとりしたいのです。Mini SDを使えば出来るんだけど、Bluetoothのほうが楽ちんだし。写真の転送には、受け側がSIP(Still Image Profile)というプロファイルに対応している必要があるんだけれど、G5とiBook G4ではアドレス帳などを送信するOPP(Object Push Profile)やダイヤルアップネットワーク用のDUN(Dial-up Networking Profile)には対応しているものの、SIPには対応していないので、写真のやりとりが出来なかったのです。わざわざ「Bluetooth ファイル転送」という改善項目を挙げているから出来るようになったかなと思ったのだけれど、結果はペケ。Bluetoothの技術仕様はよくわからないけど、対応できるプロファイルはハード側のファームで決まっているのかなあ…。
 DVR-111Dの純正対応もペケ。PatchBurnを入れて「製造元対応」にはなっているんだけども、やっぱり「Appleサポート対応」のほうが精神衛生上いいんだけども。PatchBurnをいったんはずして再起動してみたものの、冷たく「サポートなし」の表示が。まあ、フラッグシップのPowerMacの後継モデルがでてない以上、OEMのドライブが新しくなることがないのかもしれないから、PowerMacがIntel化された後のアップデートに期待しましょう(笑)。次はLeopard、なんてことにならなければいいけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)