G5の内蔵DVDマルチ「DVD RW DW-Q28A」

気に入ったらシェアしてくださいね

PowerMac G5 (Early 2005)モデルのSuperDriveにはは、Pioneer製のDVR-109か、SONY製の「DW-Q28A」のどちらかが積まれているらしい。それは買う前にわかっていて、Pioneer製のだったらいいなあと願っていました。が、届いてみれば後者のSONY製。まあ、DVDドライブなんてどれもいっしょか、と思って特に気にしていませんでした。
 昨日からいろいろと古いデータの整理を始めていて、腐るほど余っていたDVD-Rを使ってバックアップをとりました。今日だけで4枚焼いたのだけれど、机の上にはなぜか7枚分のケースが置いてある。う〜ん、焼きミス3枚。こんなの初めてです。
 激安セールで売っていたメディアが一枚残っていたので、これを使ったら正常に焼くことができました。あとは、まだSuperDriveが出始めの頃に大量に買っておいた三菱化学製の1〜2倍速のディスクをガシガシと使ってやれ、と思って焼きまくりました。
 ドライブに入れると、「カツ〜ン」「カツ〜ン」という音が間欠的に起きたあと、しばらくして書き込みが開始されます。で、書き込みが終わり、検証モードにはいると、「最初のセクタがダメ」というエラーで1枚、「クローズセクタがだめ」というエラーで2枚のディスクを無駄にしてしまった。
 Pioneer製ではほとんど失敗なかったんだけれども、これはやっぱりメディアとドライブの相性とかメディア単体のせいなのかも。SONY製「DW-Q28A」の実力はいかに….?

G5の内蔵DVDマルチ「DVD RW DW-Q28A」” への2件のフィードバック

  1. 確かに、、、。
    わたしもPowerMacG5でSONY「DW-Q28A」です。
    使用して2年足らずで読み書きが正常にできなくなり、
    本日Pioneer「DVR112BK」に置換しました。
    全く問題なくドライバ等インストールすることなくそのまま
    認識して使用できてます。
    フロントベゼルはSONYにもともとついている分を剥がし(両面テープ)Pioneerの純正ベゼルを外し接着。なんの違和感もなくバッチリです。

  2. 確かに、、、。
    わたしもPowerMacG5でSONY「DW-Q28A」です。
    使用して2年足らずで読み書きが正常にできなくなり、
    本日Pioneer「DVR112BK」に置換しました。
    全く問題なくドライバ等インストールすることなくそのまま
    認識して使用できてます。
    フロントベゼルはSONYにもともとついている分を剥がし(両面テープ)
    Pioneerの純正ベゼルを外し接着。なんの違和感もなくバッチリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)