au端末W31TとMac

気に入ったらシェアしてくださいね

auのW31T端末に機種変更してから、1週間がたとうとしています。ここでもう一度使用感をレビュー。
 感覚としては、「非常にイイ!」。WINのデータ通信の早さにもびっくりするし、メニューとかにFlashを使いまくっているにもかかわらず、モッサリ感がない。液晶の輝度や発色も申し分ない。そして何よりも、「薄い」。
ケータイwatch「W31T」開発者インタビュー 高機能をそのままに、20mmの薄さを実現というタイトルでW31Tの開発秘話が掲載されています。W31Tの目標は、「何もスペックダウンさせずに薄型化を実現させる」というものだったようだ。カメラのスペックをアップし、液晶のスペックをアップし、さらにキータッチ感を向上させれば、ケータイという小さなデバイスの場合は、どうしても厚みが増してしまう。こうした課題を東芝が自社で開発することでクリアーにして、あの流線型のようなデザインができあがったそうんな。
 そんなこんなで音声通話やメールなど普段行う作業について何の問題もなく、おおむね満足しています。が、一つ満足でいない機能が…「Bluetooth」機能です。実はこの機能がもっとも期待したモノだっただけに、正直寂しかったです。
 何ができないかというと
  ●PCで撮ったデータをBluetoothを使って携帯に転送する   ×
  ●iCalというソフトから書き出したicbファイルを携帯に転送する  ×
  ●携帯からPCにデータを送信する  ◎
  ●携帯からPCにアドレス帳を送信する    ◎
てな感じで、やりたかった上の二つができないのが痛い。上の2つがうまくBluetoothでできれば、サードパーティーのソフトを買う必要はなくなるし、内よりもいくつものデバイスに散らばっているスケジュールが一つにまとまることで、より一層のスケジュール管理ができる容易なるんでね。
手帳を使えよ、といわれるかもしれないんだけど、カバンが小さくて手帳が使えない。だからW31TとiBook G4でスケジュール管理ができたら便利だと思っていたんだけれど。
 競合する携帯向けソフトは「iSync」のほうはW31Tに早速対応表明をしているが、「携帯万能15」のほうは、まったく音沙汰なし。、まあだいたい1ヶ月に一度ぐらいはアップデートしてくれる会社なので、今月末にちょっと期待しています。Tigerでは、iCalとの同期も取れるみたいだから。
と、こう長々と書くと、W31Tダメじゃん、て思われてしまうかもしれませんが、個人的には最初に書いたように、おおむね満足しています。
みなさん、W31TとMacの有効な活用法がありましたら、是非是非コメントさせてください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)