Bianchi サイクルジャージ (半袖+ショーツセット)

気に入ったらシェアしてくださいね

今回の沖縄旅行に当たり、サイクルジャージを購入。ROMA2 = Bianchiのクロスバイクということで、色のコーディネートも考え、Bianchiのサイクルジャージを購入しました。サスペンダータイプのビブショーツはなんだか少し恥ずかしい (笑)ため、ハープパンツを購入。

Bianchi サイクルジャージ 上 半袖

Bianchi サイクルジャージ 上 半袖

上はこんな感じ。Mサイズですが、175cm/58kgの僕にはちょうど身体の線にフィットするピッタリサイズ。生地はポリエステル100%で若干薄めだけど、その分汗を吸収しつつ、走行の際に感じる風で乾いてくれる。

背中のポケット

背中のポケット

これはどんなサイクルジャージでも共通だと思うけど、背中に3つのポケットが。これが以外と便利。防水機能がついていればスマホを入れて置けるし、乗りながら途中下車で写真を取りたい場合には、コンデジなんかを入れても便利。僕は沖縄輪行中、左にスマホ (道を確認するため)、真ん中にコンデジ (IXY 600F)、右側にたばこを入れてました。ただし、やはり汗の影響をうけるので、防水対策は万全に。

ゴム素材で裾がめくり上がってくるのを防止

ゴム素材で裾がめくり上がってくるのを防止

裾には滑り止めのゴム加工がしてあり、走行中も裾がめくり上がってきづらくなってます(さすがに多少は上がってきますが…)。

Bianchi パッド入りショーツ

Bianchi パッド入りショーツ

一方のショーツ。Mサイズだと、股下84cmの僕でおよそ膝から10cm程度上までをカバーする長さ。締め付けが結構強いので、コンプレッションの効果もありそう。

3Dゲルによるパッド

3Dゲルによるパッド

サドルとの接触部分には、サドルの形状も考えた3Dゲルフォームというのが入っており、長時間のライドでもお尻に感じる衝撃を和らげてくれるので、自転車のセッティングとケイデンスなどに気を配りさえすれば、おしりが痛くなることもない。

サイクルジャージを着ると、「カッコばっかり」と思われたり、「なんか本気モードっぽくて恥ずかしい」と思うかもしれませんが、そんなんはすぐに慣れます (笑)。それよりも、風の抵抗がなくスムーズに走れること、速乾性と衝撃吸収力でかなりライドが楽になる、そんな利点のほうがよっぽど大きい。

格好から入ってもいいんじゃない?比較的短距離のポタリングでも、是非装着してみてください。

■その他のサイクルジャージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)