NEC Lavie J(PC-LJ5006A)修理日記2

気に入ったらシェアしてくださいね

Lavie Jの下半身が届きました。オンボードメモリが256MBなのでちょっと心許ないけど、メモリはあとからでもすぐに追加できるってことで、さっさと組み上げてしまえと思い作業開始。
 最初はボトムケースも変えようと思っていたんだけど、ロジックを外すまでがかなりめんどくさいマシンなので、ボトムケースはそのままに流用することにした。ので、別途用意しておいたHDDを接続し、旧マシンからキーボードとパームレスト、液晶と無線LANカードを取り外す。液晶から伸びる無線LANのアンテナケーブルをロジックの中に通し、さっさと組み上げてしまいました。
 ああ、この瞬間が嬉しい、OSのインストールです。あれ、でもちょっと挙動がおかしい。付属のDVD/CD-RWコンボドライブからリテールのWindows XP Professionalを立ち上げると、いつもの「Set up is inspecting your hardware configurations…」のメッセージが。ここまではいいのだけれど、ここからWindowsのセットアップにはいるまでエライ時間がかかる。その間、HDDのアクセスランプはつきっぱなし。時間はかかるけど、なんとかセットアップの画面が終了した。
MK3006GALからPC-LJ5006Aが立ち上がらない が、ここで問題発生。なぜかHDDから起動せず、CDからの起動を繰り返してしまう。BIOS上ではHDDをしっかりと認識しているものの、どうしてもHDDから立ち上がらない。CDドライブを外して起動してみても、左の画面がでるだけ。
 とりあえず問題を検証しないとお話にならない。とりあえず、考えられる問題としては、

1. マシンのBIOSの設定で、起動セクタに書き込みができないようになっている。
2. HDDにどこか不良がある(ブートセクタを書き込むところに不良セクタが、などなど)or 故障。
3. そもそもHDD自体がOSのブートに対応したモデルではない。
4. HDDとロジックとを結ぶケーブル、もしくはチップセットの不良。

とりあえず1については問題ないことを確認。起動セクタへの書き込みをできないようにするオプションはあるが、「使用しない」つまり「起動セクタに書き込み可」ということになってる。2についてはバルクとはいえ新品なわけで、考えたくない(笑)。3については、HDDのモデルが東芝のMK3006GALというモデルなのだけれど、他メーカーのマシンで採用されている実績があるのでそんなわけはないだろう、と思う(わざわざジャンパで起動可の属性を殺すなんてことをする意味を感じないし)。4については、ケーブルはともかく、チップセットが不良ならBIOSの時点で起動しない・認識しない可能性が高いので、これもなし。というわけで、原因は2つに絞られました。HDDの不良か、ケーブルの不良か。
 まずは簡単に検証できるケーブル不良を試してみる。旧マシンについていたHDDのフラットケーブルを取り外して新マシンにつけてみるが、状況は変わらない。
 ということで、HDDの故障の可能性が高いと判断。一度HDDを取り外して、別途買っておいた1.8インチHDD用の外付けUSBケースに入れて他のマシンにつなげてみる。認識はするんだけど、接続したとたんにOSの反応が明らかに遅延する。これは単にUSB 1.0だからか?
 ブートセクタが書き込まれる部位に不良セクタがあるってことも考えられるので、またLavieの中にHDDを戻し、他のメーカーのHDDでも物理フォーマットをして、不良セクタをマップアウトすることができるMaxtorのPowerMaxをダウンロードして起動ディスクを作り、FDDからブートしてこのプログラムをDOSで起動してみた(東芝はHDD検証ツールをリリースしていないのね…)。簡単なチェックを行うQuick Scanは通るものの、物理フォーマットを行おうとするとプログラムがエラーを吐く。どうもDrive Recall Checkというところで引っかかっている様子。そしてなんと、「HDDは壊れています」のメッセージが…。繰り返すようですが、バルクとはいえ新品で買ったのに…。
 HDDの保証書を見てみると、「30日」。すでに期限切れ。泣く泣くあきらめ、新たにHDDを探すことに(涙)。かといって、Lavie Jには東芝製の5mm厚1.8インチHDDしか繋がらない。すでにディスコンされた20GBのモデルが最も安いんだけど(1万円前後)、今回用意した30GBのモデルとほとんど値段が変わらない(1.2万円前後)。けど、30GBのモデルは用意して壊れたモノと同じ型番のやつ…。15GBなんてのものあるけど、値段がほとんど変わらない(9,000円前後)上にちょっと容量的にも心許ない。仕方ない、バルク品でもちゃんと保証を付けてくれるクレバリーで同じMK3006GALを用意するハメになってしまった。
 だからいつになったらちゃんと動くようになるのやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)