.Macパッケージにうれしい不具合

気に入ったらシェアしてくださいね

.Macパッケージ.Mac Retail Box
今月で.Macの更新がかかった。自動更新をONにしていたはずだったのだけれど、ふと.Macのページを見てみると、「有効期限が切れました」、とのこと。アカウントを見てみたら、自動更新がかかっていなかった。う〜む。その場でカードの情報を打ち込めば更新はされたのだろうけど、せっかくだからと思って仕事帰りにApplestore Shibuyaまでパッケージを買いに行き、無事更新をすませたのが先週末でした。
 そしたら今日、.MacアカウントにApple.Macチームより下記のメールが送られてきました。簡単に言えば、9,800円の個人用パッケージに18,800円のファミリーパック用のシリアルを入れて販売してしまったから、運良くそのパッケージを買った人にはファミリーパックをプレゼントします、とのこと。仕事・個人で3台のMacを使うので、.Mac Syncにはとってもお世話になっているが、正直それ以外の機能(iDiskやらホームページの公開やら)はほとんど使っていないので、9,800円のが18,800円のものになってもそれだけお買い得だって気はしないんだけどな…、しかもファミリーパックったって、ファミリーいないし(笑)。まあ、どっちにしろ使っていなかったVirexがなくなったから、値段は安くなったからよかったんだけどね。
 プライスパフォーマンスはともかく、.Mac Syncはかなり役立っています。仕事・個人のマシンで情報共有というのが本来の魅力なんだろうけど、一番助かっているのは.Mac Syncを欠けておくことでシステムの入れ替えの手間が省けること。とりあえず書類とメールだけとっておけば、簡単にシステムを入れ替えて、過去の悪行を忘れられるわけで…。これがないと、ブックマークの元ファイルはどれ、アドレスブックのデータはどこに入っている、などなどいろいろ気を遣わなきゃいけない。頭の悪い僕にとっては、そういう状況に陥ると、大事なデータのバックアップをとるの忘れて泣くのが関の山なので。という冗談はともかく、.MacSyncは本当に役にたっている。あとのサービス、年間9,800円なら安いっ!て思えるくらい充実させてくれれば、お買い得パッケージなんだろうけどなあ。

この度は .Macパッケージ版をお買い上げいただきありがとうございます。最近販売された一部の.Macパッケージ版において、個人用とファミリーパック用の起動キーが混在していたことが判明しましたのでお知らせいたします。
お客様がお求めになった.Mac個人メンバーシップ用パッケージ版には、弊社の手違いにより、個人用の起動キーの替わりにファミリーパック用のキーが添付されていました。つきましては、お詫びのしるしとして、今回のメンバーシップ有効期間中において、お客様にはそのままファミリーパック用メンバーシップをご利用いただけるようにいたしました。どうぞファミリーパックの特典を無料でお楽しみください。
ファミリーパックには、合計5つの .Macアカウント(マスターアカウント1つとサブアカウント4つ)が含まれます。メールとiDisk用の共有保存容量として、マスターアカウントに1GB、サブアカウント1つにつき250MB、合計2GBが提供されます。サブアカウントを設定するには、www.mac.com/jp/の「アカウント設定」ページにアクセスしてください。ファミリーパックのすべてのアカウントは、iDiskの「Shared」フォルダを利用して、大切なファイルや書類を共有することができます。
ご質問があれば、.Mac サポートにアクセスして回答を検索するか、各セクションのFAQの下部にある お問い合わせフォームをご利用ください。
今後とも引き続き .Macをご利用いただけますようお願い申し上げます。
.Macチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)