タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

気に入ったらシェアしてくださいね

TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD ASPHERICAL [IF] MACRO A14E キヤノンマウントTAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD ASPHERICAL [IF] MACRO A14E キヤノンマウント
 そういえば昨日のロケハンでは、昨年末に手に入れたタムロン製18-200mmレンズを初めて使ってみた。キスデジに装着したままだとカメラのケースに入らなくなってしまったので、ケースを買うまでは使うのをやめようと思って忘れてしまっていた。このレンズを使うまでは、純正のデジタル専用レンズ『EF-S 18-55mm』を使っていたのだけれど、なんだか絵がのっぺりしているなあと感じていたし、何よりも望遠が足りなかった。かといってカジュアルに持ち歩けるのがキスデジのいいところなわけなので、わざわざ何本もレンズを持ち歩くのもどうかと思っていて、その結果行き当たったのは一本で広角も望遠もカバーできる焦点距離を持ったこのレンズ、というわけ。
 同じ倍率のものは、同じくレンズ専業メーカーであるSIGMAからもでているのだけれど、つるっとした初代キスデジのデザインとはちょっとあわなかったし、こちらのほうが値段が高い。また、僕が初めて自分で買ったカメラ(EOS Kissの初代)にシグマのレンズがついていて、たいして使わないうちにぶっ壊れた経験があったので、心のどこかでSIGMAは避けようと思っていたのかもしれないけど。
装着した感想ですが、まず何より、「デザインがイケている」。カメラの外観から入ること自体がヘタレカメラマンの証なのかもしれないけど、安っぽいEF-Sレンズに見慣れてしまっているせいか、レンズ全体の作りがかなりゴージャズでズッシリしている。少し望遠側にレンズを出しておいておくと、10万で買えるカメラじゃないみたいだ。
 また、重さもちょうどいい感じになる。キスデジ+ EF-Sの組あわせでは、ちょっとカメラの重量が足りずに固定しづらかった。今度のレンズは重く、重心がはっきりと前にできるので、後ろをしっかりと支えることでカメラの位置を安定させることができる。体へのフィット感はやっぱり重要なんだなあと再認識した。
 肝心の画質ですが、どちらかというとかなり素直な絵作りをするレンズみたい。色の再現性もそこそこで、とにかく素直な絵を作ってくれる。あとから結局レタッチをかけてしまうわけなので、そういう意味ではベストチョイスのレンズなのかもしれない。デジタル専用レンズだから変なケラレとかもないし。
が、使っていてなんか変だなあと思っていた点は、さっきやっと気づいた。そう、レンズが移動するときの回転が純正のモデルの逆なんだな。だから、レンズの支え方に気をつけないと危険かなと思っています。
 暇になったら、純正のEF-Sとタムロンレンズを、同条件で同被写体を撮影して、どんな違いがあるのか、ゆっくりと検証してみたいなあ。ちなみにケースはエツミ E-3272 ウィナーガンホルダーSP ダークグレーを買ってみました。サイズはばっちり。
ともかく、頻繁にレンズを変えたり、レンズを何本も買う金がない人にとっては、このモデルはベストチョイスのうちの一つになることは問題ないかと思います。

タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II” への1件のフィードバック

  1. この焦点範囲のズームがタムロン、シグマともに出たとき
    某中野のカメラ屋でとっかえひっかえ着けさせてもらって
    結局買わなかったんですが、欲しいっす
    その頃考えたのは結構タムロンが技術協力したようなレンズが
    一部ニコンにあるので多分ニコンも純正を出すだろうと思ってました
    しかし値段が倍以上になってるんでちょっと挫折…
    最近ニコンにこだわらず、他社製品に移行も検討中。
    このカメラケースかっこもいいし、安い!買い物上手!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)