アクセサリディスプレイ用のスタンドを作成! – 思いつきで改造編1

気に入ったらシェアしてくださいね

前回木工で作成したアクセサリディスプレイスタンドですが、飾るものが「ステンドグラス」という特殊なモノ。
なので、単に飾るだけでは面白く無いので、もう少し手を加えようと考えています。というか、今日思いついたww。

具体的には、最下段から上に向けて光の指向性の強いLEDライトを付け、飾るものに直接・間接的に光を当ててることで、光の変化を楽しめるディスプレイが出来るのではないかと。

そんなこともあり、いろいろと予備で用意しているパーツを調べてみると、こんなものがあった。

アクセサリディスプレイスタンドの部材たち

アクセサリディスプレイスタンドの部材たち

まずはユニバーサル基板。これは片面、ピッチ2.54mmのもの。千石電商で購入した(と思う)。
マザーツール UP-203

今回も電源はスマホ用のモバイルバッテリーになるので、5Vの電圧で光らせることが大事。いろいろと調べてたら、秋月電子でこんなものを発見して購入していた。

抵抗内蔵5mm白色LED OSW5DK5B62A-5V(10個入)

なんと5V用抵抗入りのLED。これで、LED+抵抗という2つをハンダ付けする必要がなくなるという便利な代物。ただ、半値角が60度と少し狭いので、ディフューザーのカバーも購入したのでこれも使う予定。

そしてあとは電源を取るためのUSBケーブル。100均です、ハイ。元はUSB 2.0 Aオス – Bオスというケーブルですが、Bのコネクタを切断し、シールド線を引っ張りだしました。切断したBコネクタを分解したところ、赤が電源+、黒がGND、白・緑はデータ線の+-の様子。データ線は今回使わないので、絶縁の上短絡させる予定。

さ、明日からちまちまハンダ付けの予定。

アクセサリディスプレイ用のスタンドを作成! – 思いつきで改造編1” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)