Day 8: 井の頭公園で犬カフェ初体験

気に入ったらシェアしてくださいね

今日はランをつれて井の頭公園に行ってみました。井の頭公園に行くのなんて、中学生の頃以来。あのころはよく行ったのだけれど。
 井の頭公園は自宅から自転車で40分ぐらいのところにあります。歩いてランを連れて行くのはしんどい距離なので、またもや車に乗せて行ってきました。まずは彼女を世田谷まで迎えに行き、その足で井の頭公園へ。吉祥寺通りからジブリ美術館の横を通って駐車場へ。いつもは吉祥寺駅の方からきていたので、こちらから井の頭公園にはいるのは初めてでした。
 さすがにランはワンコですね、初めての場所では興奮を抑えきれない模様。車の中での明らかに「暇だなあ」という表情から、目が燦々と輝いていました。車から降りるやいなや、ものすごい猛ダッシュで公園の中へ。さすがに引きずられ気味の僕。
 小金井公園に行ったときは、せっかく広場があるのにアスファルトのとこばっかり歩いていたのに、井の頭公園ではアスファルトのところはあまり歩かず、泥のところばっかり歩いていました。昨日の夜に雨が降ったので、土が結構湿ってしまっていて、なんだかいや〜な予感。案の定、のどが渇いたので入った休憩所で、嵐のような飛びつき攻撃が…。シャツもパンツも、泥まみれ…。嗚呼。
 なんだかんだいっても楽しかったのか、井の頭公園を一周しました。池のあるところでたくさんの人や犬が集まっていて、コイやカモ、亀などをみていたんだけれど、ランはあまり人混みにビビリもせず、かなりマイペースでとことこ歩いていました。
ラン犬カフェでぐったり そろそろ帰ろうかと思い、公園の中を駐車場に向かう途中に、おいしそうなカフェを見つけた。その名も「うさぎ館」。結構歩いたせいか、僕も彼女もおなかが減っていたし、ランも少し疲れている感じ。ペットをつれての来店可とのことだったのでこのお店に入ってみました。ペット可のお店はペット用にもお水をくれたりするから、安心ですね。
 僕が食べたのは夏野菜とトマトのガレット。ガレットとは、そば粉で作ったクレープの皮のようなものでおかずを包んだ食べ物。見た目よりもかなりボリュームがあり、かなりおいしかったです。最初は机の下で暴れていたランちゃんでしたが、この間会の方に教わった「セトル」のテクニックを使うと、ちゃんと伏せをして待っていました。かなり歩いたからなあ、疲れていたのかな、伏せをしていたはずが、いつのまにか自宅にいるようなリラックスポーズに。店のお姉さんにも、「ずいぶんリラックスしていますね〜」とお褒めの言葉(?)をいただきました。
 帰りの車の中も、ランちゃんはおとなしく眠っていましたが、突然起きたかと思うと、またもや運転席の僕のところへ…。係留する位置を3列目に変えたのだけれど、なんとか届いてしまいみたいだ…。またもや運転しながら顔を舐めようとするので、なんとか口を押さえて、「No!」と叫ぶと、すごすごとバックシートへ。ごめんね、ラン。
 帰ったら、犬を飼っているいとこがきて、ランを見に来ました。初めての人でも、ランは女性ならなれるのが早いみたい。最初は怖がって吠えていたけど、ジャーキーですぐにつられてしまいました。いとこの子供(2歳)も、生まれたときから犬を飼っているせいか、ランに対して全然警戒心がなく寄っていきます。ランも、子供が相手だとそんなに警戒するそぶりを見せず、二人で遊んだりしていました。やっぱり動物を飼うって、情操教育にいいんだなあと感じました。このまま、うちにくるいろんな人を覚えて、なついてくれるといいんだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)