Day 27: 事件は現場で起こった

気に入ったらシェアしてくださいね

現場検証<事件1>
発生時間:2006年7月20日午前2時
加害者:ラン
被害者:gakuzou
具体的被害:寝不足。
発生状況:事件発生時、被害者gakuzouはトイレのため階下へ降りたところ、加害者ランが被害者の寝るスペースでおねしょ。被害者が二階に戻ると、加害者は一目散に階下へと逃亡を図った。被害者は逃亡する加害者を無視し、現場を片付けた後、被害者を追いかけ、逮捕に至る。
動機と罪状:「おしっこがしたかったのに、gakuzouがペットシーツを2階に運んでくれなかったんだもん。それに、ドアを閉めるからおいていかれたと思って寂しくって…」と加害者供述。被害者もこの供述を認めたため、過失ありと判断、加害者は不起訴処分に。
<事件2>
発生時間:2006年7月20日午後8時
加害者:ラン
被害者:動物生命尊重の会BPさん
発生状況:被害者BPさんは、加害者の保護者gakuzouにしつけの仕方を教えるために加害者宅へ(ありがとうございます)。「いけないことをしているときは無視」の実地訓練中に、加害者は明らかに故意に粗相。BPさんに不快感を与えた。その後、お留守番の必殺道具としてBPさんにいただいたデンタルスティックとレバースプレーでおなかを満たして加害者は満足。
動機と罪状:「だってみんなであたしを無視するんだもん、悔しくって。こうやれば絶対注目してくれると思ったの」と加害者は供述。保護者gakuzouの躾が甘いことが事態を招いた模様。gakuzouがその非を認めたため、保護観察処分となる。保護者gakuzouには、BPさんによる丁寧なしつけ教室を受けてもらうこととする。
保護者gakuzou、しつけ教室後の供述:「BPさん、インストラクションありがとうございました。要は人間の思ったとおりにならないときは無視、それが収まったら大げさにほめてあげるというON/OFFのメリハリをつけたしつけ、ということで、これからもランちゃんをがんばって育てていきます。家族にも教わったことを徹底するように伝えておきました。」
その後の加害者:すっかりおとなしくなり、現在拘置所にて爆睡中。
以上、noise-logテレビジョンがお送りいたしました。

Day 27: 事件は現場で起こった” への1件のフィードバック

  1. 昨日は長くなり申し訳ありませんでした。あもパパさんや他の里親様の意見は大変有難く参考になりますね。さてランちゃん、実刑判決が出なく良かったです!その代わり、トライアル執行猶予を1週間延期させて戴きます(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)