Day 17: あんまり遊ばないけどいたずらは…

気に入ったらシェアしてくださいね

 昨日の粗相事件から一転、朝から元気なラン。あんなにすまなそうな顔をしていたのに、今日になったら粗相のことなんてすっ飛んでどこかにいってしまったみたい。相変わらず、起きて僕がドアを開けると、ものすごい勢いで階段を駆け下りて、滑って転んでました。
 ごはんもよく食べるし、散歩でもよく歩く。夜はちゃんと寝ているみたいだし、これまでのところは順調かな。が、ものすごく気になる点が一つ。ランはあまりおもちゃとかで遊ばないのです。
 親戚の犬とかを見ていると、お気に入りの人形を咥えて振り回したりしているのに、ランは全然なにかを咥えて遊ぶようなことはしない。ボールを目の前に転がしても、目でそのボールを追うだけであんまり興味を示さないのです。とにかく口に入れるのは、食べ物だけ。おもちゃで遊ぶことを覚えてくれれば、留守番のストレスも少なくなるのかななんて思うんだけど…。
 じゃあ何をしているかって?それは、ひたすら僕の膝の上に乗って甘えていること(笑)。日中はMacに向かおうとすると、膝に乗ってきてじゃまをしてくれます。「No!」といって引きずり下ろすと、恨めしそうに部屋のはじっこに行ってふて寝してしまう。ん〜、まったく不思議なワンコだ。
 
またいつものカッコウかよ...夜になると、ごらんの通り(笑)。最近はすっかりここがお気に入りの場所みたいです。ここにくると、ほとんどの場合おなかをびろ〜んと出して寝ています。時々舌なめずり(何かを食べている夢でも見ているのかな)をしたり、足をぴくぴくしたりして、観察しているとおもしろい。夜はこんな感じでとってもおとなしいんだけど、最近は朝が怖いです。今日もおいてあったペットボトルや缶を無理矢理開けていたし、湿疹につける薬もなんとかこじ開けようとした(逆に回したみたいで、ふたから薬が捻り出てしまっていた)みたい。普段はおもちゃで遊ばないのに、僕が寝ていて誰も止める人がいないと、けっこう咥えいたずらをしているんだよなあ。
 あ、あとお留守番後の異常な興奮ですが、とりあえずマニュアル通りにいったん無視をしてみました。無視すること5分、この状態だとかまってくれないと思ったのか、少し落ち着くようになりました。異常な興奮を止めるには、「興奮して走り回っていると無視される」と思わせるのが一番みたい。だんだん犬育てのコツがつかめてきたぞ〜。

Day 17: あんまり遊ばないけどいたずらは…” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。SPARのとみまりです。ランちゃん、とても可愛がっていただいている様子が目に浮かびます。
    いろいろとご苦労があると思います。が、ランちゃんのことを受け止めてくださっている姿にじ〜〜ん。
    彼女さんも可愛いバンダナプレゼントしてくださったのですね。じ〜〜んと来ました。
    過去に傷がある子ほど可愛い?といううわさも。。
    わたしは虐待されたビーグル9歳の女の子がパートナーですが、過去のトラウマで知らない人に長時間さわられると攻撃しちゃうことがあるのです。
    今日も「おいで、可愛いね〜」と言ってくださった人に、「すみません、この子人間苦手で」と言ってしまい、なんだか
    犬にも人にも寂しい気持ちでした。
    でも、その子にはその子の性格と過去があるので、無理しないように心がけてます。とりとめないお話すみません〜。

  2. どうもです。
    >過去に傷がある子ほど可愛い?といううわさも。。
    そうかもしれないですね。
    ランの甘えんぼも、餌をもらえない状態で、人間に甘えるのが彼女が生き延びるための処世術だったのかな、なんて思うと、
    むげに甘えを断るのもかわいそうかな、なんて思ったりします。
    ランも、「かわいいね〜」となでてくれた人から逃げることがよくありますよ。
    そのたびに「臆病な子なんですいません」って謝ってますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)