Apple Store Omotesando (表参道)のオープニングに参加!

気に入ったらシェアしてくださいね

ちょっと時間があったので、多摩地区くんだりから表参道のような都会まで足を運んできました。目的はそう、「Apple Store, Omotesando (表参道)」のオープン!

Apple Store 表参道 Open!

Apple Store 表参道 Open!

Apple Store, Omotesando

先着5,000名にTシャツくれるって言うし、一度あの「ハイタッチ」をやってみたかったし!

「9:30頃に着けばいいな〜」ぐらいで家を出たのだけれど、山手線が止まった (汗)。しかたがないので新大久保で降り、副都心線の東新宿駅まで歩く。そこから明治神宮前駅経由で表参道へ。開店5分前ぐらいにやっとお店についた。

遠くから人だかりができていたのは確認できたんだけど、思ったより人が少ない。「あれ、こんなものか?」と思ったら、さすがにこういうイベントで人をさばくのになれているのか、キレイにみんな整列をしていた。明治通り方面から246号の表参道方面へ歩いて行ったのだけれど、「お、やっと最後尾か」と思ったら警備員の人に、「交差点を曲がって続いていますよ」と。結局お店からてくてく歩くこと10分ほど、ようやく列には入れたのはこの辺り。

到着時の最後尾

到着時の最後尾

並んでいる間、ブルーのTシャツを着たスタッフの人が日傘やお水を配ってた。暑かったからね。
少しずつ進みながら並ぶこと1時間10分、ようやくApple Storeが目の前に。

Apple Store表参道に、もう目と鼻の先

Apple Store表参道に、もう目と鼻の先

外から見ただけでも、店内がすごい人なのがよくわかりました。まだかな〜という感じ。

Apple Store表参道を外から

Apple Store表参道を外から

結局お店には入れたのは開店から1時間15分ほど経った11時15分ぐらいでした。
テレビでよく見ていたけど、あのハイタッチ、実際にやってみると少し恥ずかしい反面、わくわくするような気持ちにさせてくれるのも確か。やっぱりこういうのが「体験を売る」ってことなんだろうなとつくづく実感。
一人ひとりの入店をスタッフが盛り上げてくれる。入った後も、いたるところで店員さんとハイタッチ!

入ってくるお客さんみんなとハイタッチするスタッフ

入ってくるお客さんみんなとハイタッチするスタッフ

店内はすごく開放感があり、正直都内のApple Storeの中では一番いいかも。銀座は4階分あるけど、1階ごとの坪数は少ないし、渋谷は狭いし。

店内に浮かぶAppleのロゴ

店内に浮かぶAppleのロゴ

地下はGenius Barとアクセサリ売り場。透明の螺旋階段は、途中の踊り場に筋交いが入っていて「段差がある」と錯覚起こさせる。おっさんの僕は、ここで「エアーつまづき」を2度ww。

結局お目当てのTシャツもゲット!

Tシャツの入った箱

Tシャツの入った箱

黒字に、「けやきをイメージしたAppleマーク」が入ったTシャツでした!デザインは素敵なのだけれど、サイズがでかい!たぶんLサイズのみなんだろうな、人により渡し変えたりしていなかったから。

Apple Store Omotesando オープン記念Tシャツ

Apple Store Omotesando オープン記念Tシャツ

箱の中もこれまた素敵。

Tシャツの箱のなかのデザイン

Tシャツの箱のなかのデザイン

結局、戦利品はこの2つ。

Cocoonは違うサイズのを前から使っていて、すでに手放せない存在。なので、iPad Airも収納できるポケットが付いているやつを購入。Apple Store限定モデルは、ゴムの一部が灰色になってます。

そしてもうひとつがこれ。

実は前から欲しかったのだけど、なんだかんだで買ってなかった代物。Appleブランドのエ◯ループです。急速充電には対応していないものの、充電器と電池6本がついてこの値段は超お値打ち。我が家ではMagic Mouseが2台稼働してるから、結構な頻度で電池がなくなるのよね。それを解決してくれそうで。

というわけで、買ったものはまあ、正直他のApple Storeでも買えるのだけど、とにかく今日は「体験を買ってきた」。そんな感じ。非日常を感じさせてくれる楽しいイベントでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)