Shure E3cインナーイヤ型イヤフォン

気に入ったらシェアしてくださいね

Shure E3cインナーイヤ型イヤフォン カナル型SHURE E3C-J ヘッドフォン
去年の話です(笑)。これまでSonyのイヤフォンを使っていたのだけれど、コードをタバコの火で焼き切ってしまった。いきなり「ブチッ」って音がして、その後変なにおいが…。見事でした(笑)。
 実はイヤフォンって、マウス以上に選択が難しいものだったりします。Webでいろいろと調べても、実際に耳の形に合うかとか、よく聴く音楽のジャンルとの相性もあるし、なんだかマウス以上に投資しているかも。僕の場合はめがねをかけているので、イヤーハンガータイプのものはダメ。ズレるし、音漏れもひどい。ずっとオープンイヤー型のやつを使っていたんだけど、興味本位で買ってみたインナーイヤー型(カナル型)のイヤフォンがSonyのやつだったわけ。インナーイヤー型は遮音性も高いし、音の迫力が違う。
 が、Sonyのイヤフォンに特徴的なのは「ドンシャリ」。Pioneerのヘッドフォンを一時期使っていたときにすごく感じたのは、不必要なまでに高音と低音を強調しすぎて、ドギツイ音になってしまっていること。ヘッドフォンが一番音がいいのはわかってるんだけど、いかんせん嵩張るのよね…。
 というわけで大枚はたいて買ったのがこのShure E3c。19,800円!Sonyのドンシャリに慣れてしまうと低音が足りない気がするけど、実は音の位相空間としてはこちらの方が素直。高音の抜けは比べものにならないくらいイイ。コードを耳に引っかけるようなデザインになっているので、聴きながら顔を動かしても、耳の中でドライバの部分がずれたりせず、聴いていてとても気持ちいい。正直ここまでイヤフォンで変わるとは思わなかったので、かなり新鮮な驚きでした。
 いろいろと調べてみても、結局は買ってみて使ってみてなんぼ、という感じなのがイヤフォンですな。iPodの良き友として、また音楽ライフを楽しむために、みなさんも是非いろいろと浪費しちゃってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)