iPod nanoの歌詞機能を使ってみる

気に入ったらシェアしてくださいね

iPod nanoの再生ウインドウ
メインで使っているiPodはClickwheel 40GBなので、ディスプレイはモノクロ。なので、iPod nanoが僕にとって初めてのカラー液晶搭載iPodなのです。なんだかこう、おおざっぱでいい加減な性格をしているくせに、こういうライブラリはきちんと整頓されていないと気持ちが悪いというひねくれた人間なので、iPodのライブラリに登録されている曲/アルバムには、きちんとアートワークを貼り付けるようにしています。なので、カラー液晶モデルについて、以前から「いいなあ」と思っていた機能が実はアートワークの表示機能だったりします。
 実際にiPod nanoに表示をさせてみると、かなりいい!写真はColdplayの最新シングル『Speed of Sound』を表示させてみました。iPod nanoの画面は対角1.5インチという小ささなので、アートワークに鮮明さは感じられないけど、なんだかこれまでチマチマとライブラリを作り上げてきた成果が感じられてうれしい気分になります。現在のライブラリの総容量は24GB。メインのiPodの残りは13GBほどなので、これが埋まり尽くしたら、今度こそカラー液晶モデルを買うぞ、と心に決めてみた(っつーか、もうモノクロモデルないし)。
iPod nanoの歌詞表示ついでに、iTunesの新バージョン『iTunes 5.0』からサポートされた歌詞機能もチェックしてみました(実はMP3のタグもだいぶ前から歌詞のメタタグをサポートしていたので、やっと対応したか、という気がするのだけれど)。該当のトラックで「情報をみる」を選択すると、「歌詞」というタグがあるので、ここに歌詞を打ち込む。するとこれがiPodの画面で表示されるようになります。表示の仕方としては、再生中にホイール中心にあるボタンを4回押すだけ。この歌詞もColdplayの『Speed of Sound』のものです。
 しかしこの機能、たぶんまだiPod nanoにしか付いていない機能なんだと思う。もともとサポートしていたタグだし、旧iPodでもファームのアップデートで対応できるはずなので、Appleさんには是非対応してもらいたいものです。と、すでにiPodを5台購入している僕がお願いしています(笑)。ヘビーユーザーのお願いは取り入れてね、Appleさん。あと、iPod上でのプレイリストのフォルダ表示もお願いします(笑)。
 歌詞は、Dashboard Widgetの「Sing That iTune!」がかなり便利。iTunes 5.0のアップデートにあわせて、こちらもバージョンが2.0に上がり、なんと曲の歌詞を自動でiTunesの曲のメタタグの中に埋め込んでくれるようになりました(むろん設定すれば、ということなので、強制的に埋め込むわけではありません)。このソフトにはかなり助けられた、というか、楽しませてもらっているので、本当にうれしいアップデートです。是非おすすめ。

iPod nanoの歌詞機能を使ってみる” への5件のフィードバック

  1. Sing that iTune!アップデートでiTunesに歌詞転送

    こんふぁぶログさんが現在再生中の曲の歌詞を表示するDashboard widget,Sing that iTune!を更新しています.早速使わせていただきました…

  2. エントリー見ているだけで欲しくなってきました.
    私も3G 20GBのiPodユーザーです.こういうアップデートこそ,iPod updatorに入れて欲しかったですね.毎回何か新しいのがあるのかと思いきや,新型以外については過去のままなので.

  3. 読ませていただきました!
    歌詞を入力したのですが、表示の仕方が分からなくて困っていました。
    参考にさせていただきました!
    感謝です☆
    (人-)謝謝(-人)謝謝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)