Day 33: 係留に慣れてきました

気に入ったらシェアしてくださいね

ランの寝顔さて、前日のエントリでも書いたように、ランちゃんは最近部屋に長時間係留されてしまっています。最初の日は、それまで自由に歩けたのになんで係留されているの?という感じで甘え泣きがひどかったですが、徐々に慣れてきてくれた感じです。たまに僕の姿が見えないとクンクンなきますが、「ラン、ハウスしてて」と声をかけると、安心したようにまた居眠り、そんな感じです。
 今日は暑かった。ほんと。お昼の散歩が2時過ぎになってしまった。たぶん一番気温が高かった時間だったんじゃないかな。喜び勇んで家を出たランでしたが、少ししたら明らかに「あつい…」といっている顔になっていました。いつもはお散歩中あっちこっちの臭いを嗅いでいるのだけれど、さすがにあついのか、僕の足下からひっそりついている感じでおとなしかったです。家に帰ったら、「涼しい〜」という顔をしてごろん。その間にランのご飯を作ったり、ラン用のラグを洗濯したり…。子供を持っている人の気持ちがよくわかります。
 係留に慣れたせいか、家の中でも少し落ち着いた気がします。いつもはフリーにした瞬間に僕の膝に乗ろうとしつこくトライしてきたのだけれど、僕がそれをブロックすると、すぐにあきらめるようになりました。あきらめて5分ぐらいして落ち着いたところで、こちらからランを呼び、撫で撫でをしてあげるようにしました。
 今日のランはとってもいいこでした。このままいい子でいてくれたら、と願う毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)