ロードバイクでしまなみ海道縦走 1日目 (はまかぜ海道・松山〜今治)

気に入ったらシェアしてくださいね

Bianchiのロードバイク「VIA NIRONE」を手に入れて最初に思ったこと。
それは「しまなみ海道」走りたい!ってこと。
そう、サイクリストの聖地として名高い、あそこです。

ちょうど転職の機会があり、ほんの少しだけ有給消化ができたので、「善は急げで」飛行機へ!

しまなみ海道とは

その前に、しまなみ海道について簡単にご紹介。

本州と四国をつなぐしまなみ海道は、広島県尾道市から愛媛県今治市までの、瀬戸内の島々を6本の橋で結ぶ全長70キロの自動車道です。自転車専用レーンが併設されており、海峡を横断する自転車道としては日本初。地元住民だけでなく遠方からの自転車旅行者が目立ちます。
Find Travel – しまなみ海道を自転車で楽しむための情報を大公開!絶景を見ながらサイクリング。

瀬戸内の島々をつなぐ高速道路・一般道にサイクリングロードを併設することで、海を展望しながらのサイクリングが楽しめる。
さらに、自転車での町おこしも盛んで、街ぐるみでローディーを歓迎してくれる、そんな道です。

輪行バッグに詰めていざ飛行機へ

以前にも紹介したように、ROMA IIを抱えて沖縄まで行っているので、飛行機輪行自体は初めてはありまへん。

本当はクッション入りの輪行バッグが良いのだけれど、今回の旅では同じ街にいることはほとんどなく、日々泊まり先が変わります。ので、かさばるものは使えません。
ので、沖縄輪行旅行の時に使ったオーストリッチのラインアップ上もっともヘヴィーデューティーな輪行バッグ「ロード520輪行バッグ」を使いました。

OSTRICH(オーストリッチ) ロード 520輪行袋

OSTRICH(オーストリッチ) ロード 520輪行袋

輪行の手順は、ワールドサイクルさんで詳しく紹介されています。

到着は松山空港

しまなみ海道には、

  1. 広島県(尾道市)側からのアクセス
  2. 愛媛県(今治市)側からのアクセス

の2通りがあります。
コース図をにらめっこし、元気なうちにきつい登りを超えられる今治側からのアクセスにしました。

新幹線も考えたのだけれど、たまたま航空券が安く、また時間も早いので、飛行機をチョイス。
飛行機苦手なのでブルブル震えていました….。

輪行で松山空港着!

輪行で松山空港着!

さすがに自転車で街おこしを狙っているだけあって、松山空港の外にはサイクルラックが設置。これは組み立てが捗るわ〜。

松山空港脇にはサイクルラックが完備

松山空港脇にはサイクルラックが完備

いざ、組み立てて本日の宿泊地、今治市へ自走で向かいます。

その前に道後温泉にちょっと寄り道

本当は一泊したかったのだけれど、松山といえば道後温泉。
少し市内を走り行ってみました。

道後温泉本館

道後温泉本館

後から思ったのは、やっぱり一泊すりゃよかった、という後悔…。温泉入りたかったな。

今治へは国道196号線「はまかぜ海道」を通る

今治へは、ほぼほぼ一本道で、国道196号線、通称「はまかぜ海道」を走ります。
もうね、こちらもしまなみ海道に勝るとも劣らない、絶景の連続。

海沿いの国道196号線をひたすら走る

海沿いの国道196号線をひたすら走る

もうね、こんな景色ばっかりです。
海沿いだからアップダウンも少ないし、3月でも風は気持ちいいし。こりゃたまらん、ホント。
国道沿いだから補給にも困らないです。

ロードバイクでの旅行は、荷物を最小限にするのがオススメ(涙)

景色もいい、温度もちょっと汗ばむぐらいでちょうどいい。
けど、30km過ぎたあたりからペースがガタ落ち。原因は「荷物」。
時期は3月、まだまだ寒い。5日間の旅行のため、どんな気温にも対応できるようにウェアはベースレイヤー、2ndレイヤー、3rdレイヤーの3種類に加え、ウインドブレーカーも準備。レインジャケットもあり、輪行袋もあり、その他の着替えやタオルなどもあり…、で、最終的には40リットルのバックパックが満杯に。
たったの60km弱の行程とはいえ、さすがに20kg近いバックパックを背負ってのライディングはかなりしんどく、背中、肩、腰いろいろな所に痛みが…。
やっぱ鉄則、「荷物は最小限に」。

景色もいいので、自然と休憩の回数が増えてしまいます。

無駄にノスタルジーに浸りたくなる

無駄にノスタルジーに浸りたくなる

今治駅到着!

そんなこんなで、今治駅に着いた時には、すでに日が暮れてしまいました。
しかも結構疲労困憊。

今治駅に着いたらすでに夜...

今治駅に着いたらすでに夜…

それでも、ロードバイクで初めての距離、楽な姿勢の取り方や引き足の使い方など、いい経験ができました。
後になって振り返ると、この日の経験がしまなみ完走にすごく大きかったと思います。

会いたかった今治のゆるキャラ「バリィさん」にも会えました!

今治ゆるキャラ バリィさん

今治ゆるキャラ バリィさん

宿泊はしまなみゲストハウス シクロの家

貧乏旅行のため、各地の宿泊は基本的にゲストハウスを利用。
初日は、しまなみゲストハウス シクロの家 さんにお世話になりました!

しまなみゲストハウス シクロの家

しまなみゲストハウス シクロの家

僕と同じように、というか僕以上に自転車で旅行をしている人がいっぱい泊まっているため、ゲストハウス内はもはや「しまなみ知識の宝庫」状態。
部屋もベッドもとても綺麗で、快適なゲストハウスでした!

夕飯は、シクロの家のスタッフさんに教えてもらった、今治の焼き鳥を食べに地元の有名店「五味鳥」へ。
今治では、焼き鳥は串ではなく鉄板で焼き、そのまま皿に乗っけて食べるそうな。どうも、造船所が多かったことから、忙しい工場の人のためにばっと焼いてサッと食べられるようにしたのが発祥なんだとか。

夕飯は「焼き鳥」

夕飯は「焼き鳥」

明日はしまなみ海道縦走。頑張るぞ〜。

本日の走行ルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)