Rapha Classic Bar Tape 写真インプレ!

気に入ったらシェアしてくださいね

とある理由からバーテープを変えることにしました。
これまでは、fizikのClassic Touchバーテープのピンクを使っていました。まあ、交換した時、ちょうどジロやってたんでね。
マリアローザカラーですよ。はい。

ピンクのバーテープを巻いたビアンキニローネ

ピンクのバーテープを巻いたビアンキニローネ

新しいバーテープはRaphaのClassic Bar Tape

ピンクのバーテープも気に入っていたのだけれど、やはり白ロゴのビアンキ・チェレステバイクには白のバーテープが最もフィットするカラーリングだと思う。
ただ、ピンクも捨てがたい。
というわけで、ピンクといえばRapha。
2017年7月ぐらいにラインナップに加わった、Rapha Classic Bar Tape (ラファ・クラシックバーテープ)を選びました。

まずはバーに巻く前に、写真でのインプレをお送りします。

外観

さすがRapha、バーテープのようなライド用アクセサリでもパッケージングに力は抜きません。

Rapha Classic Bar Tapeの外箱

Rapha Classic Bar Tapeの外箱

箱の上には未開封を示すシールが。
2mm厚で、全ての天候に対応できる旨の記載があります。

白のバーテープが美しい

白のバーテープが美しい

やはり白のバーテープの新品は美しい。
表面は白の合皮製ですが、裏はピンクのEVA素材。クッションになってくれそうです。
2mm厚と書いてあるけど、実際はもうちょっと厚い気がする。

フルセットを箱から出してみる

箱からClassic Bar Tapeを出してみた

箱からClassic Bar Tapeを出してみた

付属品は、バーテープ2本とフィニッシングテープ、STIレバー裏側に当てる短くカットされたバーテープ、バーエンドプラグ。

Raphaのロゴ入りバーエンドプラグ

Raphaのロゴ入りバーエンドプラグ

フィニッシングテープは、バーエンドの巻き終わりを止めるテープ。
ビニールテープのような素材のものが多い中、RaphaのClassic Bar Tapeのフィニッシングテープはかなり飾りっ気のないもの。

バーテープの近影

Rapha Classic Bar Tapeの近影

Rapha Classic Bar Tapeの近影

この角度だと、裏側のピンクがよくみていいアクセントになるのだけれど、巻いちゃうとほぼ白なのかな。
バーテープには左右の指定があるみたい。
“Hold Steady and Keep Pedalling, The Road is Long”(しっかり握ってペダリングを続けよう、先は長い)のメッセージが刻印。

バーテープの通気口からピンクの色が覗く

バーテープの通気口からピンクの色が覗く

正面から見ると、通気口の穴から見えるピンクのアクセントがよく見える。
通常、バーテープは1/3が隠れるように重ねて巻くので、その時どの程度のアクセントになるのか楽しみ。

Rapha Classic Bar Tapeの重さ

Rapha Classic Bar Tapeの重さは38g

Rapha Classic Bar Tapeの重さは38g

そういえば、バーテープの重さなんて測ったことなかったな。
38g、重いのか軽いのか。
まあ、厚みからして軽い方ではないだろうけど、アルミのビアニローネではこの厚みは必要だよね。

Raphaのバーテープラインナップ

ついこの間まではCinelliとのコラボバーテープがあったのだけど、それがラインアップから消え、代わりに2種の製品が発表されました。


Classic Bar Tapeは、白、黒、ピンクの3色がラインアップ。


Pro Team Bar Tapeは、Classic Bar Tape(2mm厚)よりも薄手 (1.8mm)。
また、合皮製のClassic Bar Tapeと異なり、Lizard Skinのバーテープに似たゴムっぽい手触り。
ピンクはこちらの方がかなり濃い色味です。

想像するに、Classic Bar TapeはfizikのClassic Touch、Pro Team Bar TapeはLizard SkinのOEMなんじゃないかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)