IntelliMouse Explorer 3.0復活!&Logicool VX Revolution

気に入ったらシェアしてくださいね

IntelliMouse Explorer 3.0復活久しぶりのマウスネタです。PowerMac G5用では、いまだにMicrosoftのIntelliMouse Explorer 3.0を使っています。理由は、一番手にフィットするから。デッドストックになった後に、前の会社のアキバヲタさんに頼んで探してきてもらった一品です。壊れたときのためにもう一つ買い置きがしてあるんですけど、ここでなんと一つニュースが(かなり古いニュースですけど)!なんとIntelliMouse Explorer 3.0が復活するらしい。僕だけではなく、けっこうよろこんでいるもいるみたいですね〜。しかもトラッキング性能などが向上した新バージョンとして。どうも、ゲーマーさんたちに調査した結果、IntelliMouse Explorer3.0がものすごい人気だったんだそうな。う〜む、ほしい!ってことで探してみたのだけれど、どうも日本未発売で並行輸入品しか入ってきていないらしい。入ってきても、すぐに売り切れてしまうとのこと。Microsoftさん、お願いしますよ。日本でも発売してくださいっっ!!
Logicool VX Revolutionんでもって、もう一つマウスネタ。MacBookには、Mighty Mouseを使っていたのだけれど、やはりマウスで「戻る」とか使いたいってことで、いろいろとノート用のマウスを探していました。で、結局選んだのが、これ。ロジクールの新製品、『VX Revolution』です。以前、初のレーザーマウスとして発売された「MX 1000」を使っていたのだけれど、どうもマウスが甲高すぎて合わなかった。発売のニュースは知っていたし、いろんな方のブログでも取り上げられていた(nakafuji.jpさん)ので、会社の帰りに実機を見てきました。さすがにMacでの展示はなかったのだけど、さわった感じも、クリックの深さもちょうどいい感じ。ということで早速注文して、今日届いたわけです。
 相変わらず、Mac用のドライバはあまりよくはないですが、MX-1000の頃に比べれば十分に改善されています。マウスの速度も、かなりシビアだけど、なんとか設定すれば十分気持ちよく使えますね。あまり重いといやなので、単三のリチウム電池を使っています。さすがにレーザーのエンジンを積んでいるだけあってポインタの飛びもないし、新しい「MicroGearプレシジョンスクロールホイール」という技術で、カチカチ感のあるホイールモードとヌメヌメ感のモードとを切り替えられるようになっています。しかも、この両モードは、スクロールされる速度が変わる。縦に長い文書の時は、ヌメヌメモードで勢いよく回転させると、かなり高速にスクロールできるし、グラフィックソフトなんかだと、カチカチモードにしておけば、少しずつスクロールする。上位機種、というかデスクトップ用の『MX Revolution』はこのあたりがドライバでダイナミックに切り替わるらしい。
 まあ、マウスは使ってみないと良さがわからないものなので現状では何ともいえないけれど、とりあえず現状は大満足。もしこのままいけるなら、『MX Revolution』もゲットして、IntelliMouse Explorerを卒業かな?
ロジクール 「MX Revolution」(デスクトップ用)
ロジクール 「VX Revolution」(ノート用)

IntelliMouse Explorer 3.0復活!&Logicool VX Revolution” への3件のフィードバック

  1. ロジクールのマウスってなんとなくmac用のドライバーの評判が悪いっぽいのですがMX Revolutionはデザインに惹かれてます。とはいえWirelss InteliMouseに不満が無いので壊れたら次の候補か?でもwireless mightymouseも捨てがたい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)