森博嗣 S&Mシリーズにハマリ中 (天才的なプログラマーが活躍する小説)

気に入ったらシェアしてくださいね

昔っからハッカーが活躍したり、天才プログラマーが出てくるような小説が好きだったりします。その発端となったのが、この本。

ネタバレなのであまり言わないようにするけど、天文学の院生が不正アクセスを発見し、FBIと協力しながらソ連のハッカーを捕まえる話。
作者のClifford StollのWikiにもあるように、実話らしい。1991年(原作は89年出版)の本だから、もう20年選手。出てくる内容も、GUIなんかは全く無い頃の話だし、そもそも当時のプログラマーはUNIX使いなわけ。当時、この小説にめっちゃハマりました。

それが影響してか、ハッカーもの、天才プログラマーものはフィクション、ノンフィクションを問わず大好きだったり。
で、最近読んだのが、森博嗣という「理系ミステリー」(なんだこのレッテルといつも思う)作家の作品。
結構多作な作家さんで、amazonで検索するとかなりの数の作品が発表されてます。

最初に読んだのは、デビュー作の「すべてがFになる」という作品 (講談社文庫)。
天才的な頭脳を持った建築学科の教授 (犀川先生)と、もう一人天才的な頭脳を持つ美人学生(西之園萌絵ちゃん)のコンビが活躍する話、といえば簡単なんだけど、登場してくる人のキャラの強さにどんどんと引き込まれていきました。

「すべてがFになる」で始まるシリーズは犀川のSと萌絵のMを取って「S&Mシリーズ」と呼ばれているみたい。
このシリーズをガンガンと読み込んでいます。

大学院生活が長かったせいか、本を読むスピードは結構早い方。通勤で電車に乗っている時間はおよそ2時間10〜20分ぐらい。だいたい2日あれば500ページぐらいの小説は読み終わっちゃうので、8月末から読み始めて、

「すべてがFになる」

「冷たい密室と博士たち」

「笑わない数学者」

「詩的私的ジャック」

の4冊は読了。

昨晩、最寄り駅にある比較的大きめの本屋に行って、次の小説「封印再度」を購入しようと思ったんだけど、なんと置いてない…。
で、家に帰ってiPadでいろいろと調べていたら、なんとiBooks Storeに発見!
これからはiBooks Storeで購入して、iPadで読もうと思い、即購入してしまった。

↓文庫版はこちら。

iPadでもいろいろと設定変えると結構読みやすいのね。
実は以前本気でKindle Paperwhiteにしようか悩んだ時期があったんだけど、e-inkのあの描画の遅さと不自然さにどうも耐えられなくて辞めたことがある。その点、iBooksであれば、普通のiPadアプリと同じような感覚で扱えるので、慣れているから楽なのかな。

これまでに読んだハッカー関係の本で、面白かったものについてはまた機を改めて紹介しますね。

追記:
色々と調べていたら、なんと森博嗣のS&Mシリーズが、2014年の10月のクールから実写ドラマとして放送されるらしい。しかもフジテレビで。

フジテレビ: すべてがFになる

2話完結の形で、それぞれの作品を実写化するとのこと。
観たいけど、観てしまったら超ネタバレじゃんか…。
なんとタイミングの悪いwww。
まあ、録画しておいて、全部読み終わったらみればいいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)